2019/8/18(SUN)

《 第59回CoderDojo札幌の道場イベント 》

【活動のようす】

◆小学生にとっては夏休み最後の日曜日となりました。18名のニンジャ、メンター13名の参加です。通常よりも子どもたちの参加は少なめでしたが、その分いつもより子どもたちとじっくり対話できました。
◆中学生を中心にテキストベースのプログラミングに取り組むニンジャが少しずつ増えてきました。
◆10月に開催される第2回U-16プログラミングコンテスト札幌大会の競技部門、対戦型プラットフォーム「Chaser」についてメンターさんが概要説明してくれました。 このコンテストでは競技部門の他に、Scratchやコンピュータグラフィックなど、作品部門での参加も可能ですので、腕試しも兼ねてDojoのニンジャたちもチャレンジしてみてはいかがでしょう。(詳細は”オススメ”の別投稿に掲載します)
◆ 8/18当日がマイクラカップ2019全国大会の作品応募期日でした。メンバーはギリギリまで建設を続けました。募集開始からずいぶん経ってのチーム結成で、あまり時間の無い中、熱心に取り組みました。
◆次回開催は
第60回CoderDojo 札幌
2019年9月8日(日)10:30-12:30
札幌創世スクエア14F
ダイアモンドヘッド(株)にて
※ お申込みは
こちらから

メンターさんから第2回U-16プログラミングコンテスト札幌大会
競技部門の概要を説明がありました。興味の あるニンジャは是非チャレンジしてみよう!
対戦ゲームに必要なPythonのコードも説明してくれたので
おかげでザックリ理解できました。ありがとうございます。
こちらはマインクラフトカップのCoderDojo札幌東との合同チーム。
応募提出期限間近の追い込みです。
ニンジャたちはもちろん、指導や環境整備にあたったメンターさん、
CoderDojo札幌東のチャンピオンさんのご尽力により、作品応募が何とか間に合いました。
大会テーマは、“スポーツ施設のある僕・私の街ワクワクする「まち」をデザインしよう”です。
スポーツ施設の他、宿泊など周辺施設も完備しました。
一次審査発表は9月上旬です。

メンターさん持ち込みのロボット。ニンジャのご兄弟も興味津々です。

メンターさんが自宅近くの公園で拾ったどんぐりで「やじろべえ」(釣合い人形)工作
を用意してくれました。(自然の素材、いいですね)
一見、プログラミングとは直接関係ありませんが、さまざまな物理現象に触れたり、
工作の体験などの積み重ねが、豊かな発想やモノをつくる力へと結びついて行きます。
今日がCoderDojo初参加の小5のニンジャ。
これまでロボットプログラミングをいろいろ経験しているとのこと。
今回はProgateのレッスンの内、HTML & CSS 初級編にチャレンジです。
今日初めてPythonに触れた中学生ニンジャ君。
メンターさんや他のニンジャたちに聞きながらPythonのインストールを自分でやりました。
SRC_Classic(スペースロボットコンテスト・クラシック)に参加するという中学生。
ずっとコツコツ取り組んでいます。札幌予選は9月14日に迫ります。
(応援していますよ)
開発中のマシンを見せてくれました。
SRC_Classic(スペースロボットコンテスト)
詳しくはこちら

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA