2019/2/10(SUN)

第47回CoderDojo札幌 × 第44回CoderDojo札幌東 の合同イベント
【活動のようす】

◆新会場「ダイアモンドヘッド(株)札幌本社」様に移転後初の道場イベントです。改めまして、素晴らしい環境をご提供頂いたダイアモンドヘッド様の深いご理解とご協力に感謝いたします。
◆この度の新会場移転へのアプローチ他、ご尽力を頂いた「CoderDojo札幌東」さんとのコラボイベントとなりました。
◆今回は、ニンジャ(子どもたち)31名とメンター(大人)24名、総勢55名が参加、私たちの道場ではこれまで経験したことのない規模となりました。

◆多様性
子どもたちが取り組んでいる内容は実に様々です、定番のScratchはもちろん、HourOfCodeやmicro:bit、mBot、Raspberry Pi、プチコンでBASIC、Pythonでゲーム、LINEのチャットボットを作ったり、ロボットコンテストやプログラミングコンテストへのチャレンジ、工作など…、各自がそれぞれやりたいことを一度に持ち込むので、多様性に富んだ活動となります。他の子が取り組んでいる内容に興味を持ってそれがまた互いに新たな刺激となります。

新会場、「ダイアモンドヘッド株式会社札幌本社」さまのパブリックスペース。
開放感と、窓の外はこの眺望。
【VR(バーチャル・リアリティ)体験】
特別企画として、メンターさんがVR(バーチャルリアリティ)の デモンストレーションを行なってくれました。子どもたちにとっては、普段はそれほど身近で気軽に触れられるものではないので、大変貴重な体験となりました。内容は保育園のウォークスルーと、たき火シミュレーション、市販のゲーム(Beat Saver)です。みんな興味深々、順番待ち発生です。自分もこのようなモノを創ってみたいと思う子が出て来ると嬉しいですね。
【VR(バーチャル・リアリティ)体験】
彼らが下を向いてプレーしているのは、VRの中では足元に「焚火」を見ているからです。
うまく薪を掴んでくべられるかな。技術が進んで熱を感じたり、煙の匂いもするようになったらスゴイね。

【VR(バーチャル・リアリティ)体験】
踊りまくる?ニンジャ君。VRの世界では彼は2本のライトセーバーをバシバシ振り回して
ビートを刻んでいます。
Beat Saver(ビートセイバー)というVRゲームです。
https://beatgames.com/

最近、micro:bitに取り組むニンジャが増えてきています。
気が付けば自前のマイmicro:bitを持参する程、入れ込んでいるニンジャもいます。
上段:「Global Game Jam」という48時間で初対面の人たちがチームを組んでゲームをつくる、というイベントに自身も参加したメンターさんが、その概要説明を熱く語ってます。将来ニンジャの中からも参戦する強者が出てくるかも。
下段:Scratchの拡張機能を使えば、JavaScriptで欲しい機能を備えたオリジナルブロックがつくれることを教えてくれました。既存のScratchで何か物足りなくなってきたなと感じているニンジャは、是非メンターさんに詳しく聞いてみよう。

メンターさんが持ってきてくれたドローン。
タブレットで操作します。柔らかい素材で出来ていて、万一何かにぶつかってもバラバラになることで衝撃を和らげるので、室内でも安全です。

LINEのチャットボットに取り組んでいるニンジャ君の発表。
LINEで天気を尋ねると答えてくれたり、学校の時間割も教えてくれるチャットボットを開発しています。実際に仲間内でも利用しているそうです。自分がつくったものを誰かが使って役に立っていると思うとワクワクするね。
イベント終了後、メンターさんたちで「今日の振返り」。
今回もありがとうございました。メンターさんの多様性もDojoを支える大きな力となっています。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA